アイシャドウを購入する前に|コスメの使用期限をチェックしよう

アイメイクで目力アップ

基本のアイメイクテク

メイク道具

アイシャドウは、女性のアイメイクに欠かせないコスメです。
アイシャドウが使いこなせると、メイクのバリエーションは大きく広がります。
個々の顔立ちに合ったアイシャドウを選ぶのがコツとなりますので、特にビギナーはコスメ選びが重要なステップとなります。
市販されているアイシャドウには、多色セットとワンカラーのタイプがに分類されます。
多色セットは、複数のカラーがセットされているアイシャドウです。
このようなコスメは、順番に使用していくだけで、目元にグラデーションが作れるような工夫がされています。
ワンカラータイプは1色だけのアイシャドウとなり、価格もお手頃です。
ビギナー向けなのは、簡単に使用が出来る多色セットのコスメです。
肌にカラーをのせる前には、肌色をべースで整えておく必要があります。
やや明るめのベージュやピンク、ホワイトなどのベースを瞼に塗り、色むらを修正するのがアイシャドウを塗る前の段階です。
こういったステップを踏むことで、カラーが綺麗に映えます。
多色セットには、大概、明るさの異なる同系色のカラーが数色ほどセットされます。
使う時には、1番明るいカラーを眉下の部分にぬり、アイホールには2番目に明るいカラーをのせます。
濃い色は、アイホールの先端にのみ加え、目元を引き締めるのがグラデーションの作り方です。
ビギナーでも簡単にトライ出来るグラデーションのアイメイクは、目元に立体感が加えたい時にも便利な方法です。

道具を使い更に魅力アップ

ソープ

お顔を彩るコスメの代表格にアイシャドウがあり、主に目の周りを演出します。
目はお顔の中でも特に目立つ部分で、印象を左右する部分でもあります。
アイシャドウの色やぬり方によってかなり印象が変わり、色の種類はコスメの中でも群を抜いて多いほうです。
他のコスメと異なるのは色に大まかな系統が分類されていて、ベージュ系やピンク系など主体となるものがどのコスメメーカーでも大体決まっています。
系統別にそれぞれ3色をまとめているものが基本的で、流行によりそれ以上の数が加わったりしています。
基本の3色は瞼全体とその内側と目の際に主に使うようになっています。
3色以外のものはハイライトを目的としたものが多く、目頭や俗に言われる涙袋の部分などに使うものが目立ちます。
色別の効果はベージュ系は落ち着いた印象を与え、色が濃いほど目に深みを与えます。
ピンク系は女性らしさをもたらし、華やかな印象を与えます。
ブルー系は涼しげな目元をもたらし、アイラインを引き立たせるにも適した色です。
他にグリーン系やオレンジ系などもあり、肌の色やファッションに合わせる方法もあります。
成分は色味には酸化鉄などの顔料が広く用いられ、ハイライト効果のある顔料もあります。
ぬり方は備え付けのものを利用する他に、アイシャドウ専用ブラシなどを利用する方法もあります。
アイシャドウ専用ブラシもアイシャドウと同じく瞼全体とその内側と目の際用に主に揃っています。
素材は動物の毛を用いたものが多く、瞼など広い箇所にぬるものは柔らかいしなりで、内側など狭い箇所にぬるものほど弾力のあるしなりが主流です。
ナイロン製などのアイシャドウチップを併せて使う方法もあり、望む仕上がりによって使い分けます。
これらの道具は1回使用する度に交換するほうが衛生的で、専用の洗剤で洗うのが望ましいです。

余りそうな化粧品を活用

お化粧

アイシャドウはパッケージもかわいく、新作がどんどん発売されています。
また、ファッションに合わた様々な使い方ができるので、コスメに興味のあるおしゃれさんに限ってついついたまってしまいがちです。
また目の上にほんの少しつけるだけなので、意外と減らず残ってしまうコスメの一つです。
しかし食べ物の消費期限と同じように、アイシャドウをはじめとするコスメにも使用期限があることを知っていますか。
一般的にアイシャドウの使用期限は未開封であれば三年、開封してあれば一年と言われ過ぎると劣化しやすい状態になります。
酸化がすすみ、品質が変化してアイシャドウの発色が変化するだけでなく、皮膚トラブルの原因にもなります。
というのも使わなくなった古いアイシャドウをはじめ、コスメ用品には表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌の温床になりがちです。
そして、その繁殖した菌がお肌について皮膚トラブルをおこしたり、目に入って感染症や結膜炎の原因にもなります。
このような理由から、約一年以内にアイシャドウを使い切るようにしましょう。
また残ってしまいそうなアイシャドウは、捨てずに上手に活用しましょう。
たとえば人気のピンクや赤またはオレンジなど暖色系ならチークやリップに活用できます。
グロスに混ぜて新しいオリジナルのカラーを作ることもできますし、ラメ入りのアイシャドウならリップの仕上げに上からたたきこむことで、キラキラと光る口元を演出することができます。
またホワイトやライトベージュのような明るい色はハイライトに使えます。
更に定番のブラウン系やブラウンベージュなら、ノーズシャドウや輪郭の引き締めに使えます。
またアイブロウやアイライナーにも早変わりします。
更にトップコートにまぜるだけで、オリジナルのかわいいマニキュアができます。
このようにアイシャドウは工夫次第で、様々なコスメに早変わりできます。
使用期限をしっかり守って、美肌でおしゃれな毎日をおくりましょう。