アイシャドウを購入する前に|コスメの使用期限をチェックしよう

自分に合った色を探そう

色によって印象が変わる

コスメ

近頃は大人の身だしなみとしてメイクは常識となっているので、たくさんのコスメを揃えている方も多いでしょう。
特にアイシャドウは色がたくさんありますし、ブランドによって発色やラメ感、ツヤ感が変わってくるので、様々な種類を買ってしまいますね。
コスメの中でもアイシャドウは目の印象を大きく変える効果がありますので、アイメイクには欠かせないコスメです。
しかしアイシャドウは、何色も揃えている割には使う色が限定されてしまっていたり、なんとなく似合わない気がする色があったりということも多いコスメですね。
アイシャドウの中で最も使いやすく、オーソドックスな色味はブラウン系やベージュ系であると言われています。
目の形は人それぞれで、二重や一重、奥二重などがありますが、大体この色味はどんな目の形にも合いやすいです。
しかし、色味によってはなかなか目に合わせづらい色もあるので、自分の目の形に合わせて色味や塗り方を変えていきましょう。
例えば、奥二重や一重の方が薄いピンク系のアイシャドウを瞼に塗ると、腫れぼったく見えてしまいがちです。
そのような方たちがピンク系の色味を使う場合は、瞼の際に締め色として濃いブラウンやピンクのアイシャドウを塗るようにすれば、腫れぼったく見えません。
またブルー系の色味は一重や奥二重の方はクールに決まりますが、二重の方だとケバく見えてしまいますので、瞼全体に塗るのではなく部分使いするようにしましょう。

知っていると特をする

洗顔する人

女性にとっての身だしなみでもあるメイクですが、メイクによって人に与える印象は変わります。
特に目元は人の目に触れやすい場所なので、メイクを変えることで簡単に印象を変えることが出来るのです。
マスカラやアイラインでも変わりますが、アイシャドウが最も気軽に印象を変えやすいです。
例えば定番のブラウンですと、華やかさはありませんが地味すぎず上品な印象を与えます。
ブラウン系のアイシャドウはどこのコスメメーカーからも出ている色なので、1つ持っていると便利です。
デートなどのときなど可愛らしい印象を与えたいときにはピンクがおすすめです。
しかしピンクのアイシャドウは難しい色でもあります。
ピンクといっても薄いものから濃いものまで様々ですし、塗り方によっては腫れぼったく見えてしまう恐れもあります。
ピンクのコスメはアイシャドウに限らず色選びが重要となるので、コスメカウンターなどで色々と試して自分に合ったものを見つけると良いです。
どうしても腫れぼったく見えてしまう場合には、目の際に入れるだけでもずいぶんと印象が変わります。
ピンクは似合わないという方でもブラウンと合わせると上手く馴染む場合があるので、色々な組み合わせを試してください。
セクシーさを求めるなら紫やボルドーがおすすめです。
こちらも使いこなすのが難しく、コスメ上級者向けですがまぶた全体に塗らずに際に入れると取り入れやすいです。
使いにくい色はまぶたの際に入れる他、下まぶたに入れてみるのも良いです。

カラーによって変わる印象

化粧品

仕事に行くときや外出をする時などはメイクをしている人も多くいますが、メイクは女性にとって無くてはならない物であり、自分をきれいに見せる為にもとても重要です。
メイク一つでいつもとは違った印象に見せる事も出来ますし、使用するコスメによっても雰囲気を変える事が出来るので、多くの女性にも人気があります。
コスメにも色々種類がありますがその中でもアイシャドウは目元にインパクトを出す為にもとても大切でしょう。
そこで気になるのが年代別にみた際のおすすめのカラーです。
やはり年代によっても似合うアイシャドウのカラーと言う物があります。
では実際に年代別にみた際のおすすめのカラーにはどの様な物があるのでしょうか。
まず10代の若い人であれば比較的どんなカラーでも良いでしょう。
明るめのカラーを使用したり、あえて落ち着いたカラーを使用しても大丈夫です。
20代になると10代の頃よりも少し落ち着いたブラウンなどが適しています。
仕事の際は少しくらい色合いを選び、プライベートでは印象を変える為に少し明るめの色を選んでも良いでしょう。
30代になると肌のくすみなど気になる年代になってきます。
その為、ブラウンなどしようしつつ、パープル系やピンク系など少し明るめのカラーをプラスしても良いでしょう。
40代になると肌に艶が無くなってしまう場合があります。
その為、ゴールド系やラメが多少入った光を反射する物を使用するとよいでしょう。
コスメはカラーの種類も豊富であり、その中でもアイシャドウは選べるカラーが色々あります。
また、瞼はとても皮膚が薄い部分ですから塗る際はソフトに塗る事が大切です。
そうする事でアイシャドウのカラーをきれいに発色させる事が可能になります。